忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

老化とまつ毛~まつ毛よ、おまえもか~

化粧道具

抜けまつ毛の件

このごろ、異様にまつ毛が抜ける。
もともと、抜けたまつ毛が目の中に入るのが嫌なので、抜けそうなまつ毛は前もって抜いておこうと思って、引っ張ってみるのだが、最近は、ひっぱると、2~3本ごそっと抜けたりする。
繰り返すと、また抜ける。
前からこうだったかなあと思うと、量が増えているような気がしなくもない。

まつ毛が長いと言われた昔

まじめに化粧をしていたころは、毎日ビューラーで上げていたので、抜けそうなものは、そのときにちゃんと抜けていたので、あえて抜くという必要はなかった。
さらにマスカラも塗っていた。
自分では、それほど密集して生えているといは思わなかったが、まつ毛は長いほうかもしれないと、思っていたし、太さも、わりと、あるような気はしていた。
あるとき、あるバイトのおばさまに、まあ~まつ毛が長くてきれいねえと、言われたことがあり、あっやっぱりそうなのかな、と思ったりしていた。
そのおばさまは、若いころから、まつ毛が細くて短くて、薄いことに、悩んでいたのだという。

あんな面倒くさいことを、よく毎日

今では、引っ張ればごそっと抜けるようになって、時の流れを感じたりする。
心なしか、以前よりも細くなっているような気もしなくもない。
さらに…左右両側に、白いまつ毛が1本ずつある。
これが、2本、3本になっていくのだろうなあ。
もう、白いまつ毛をごまかすために、マスカラを塗る気にもならない。
マスカラというのは、塗ると、落とすときに、専用の落とし剤が必要で(本来は)、それをコットンに含ませて、まつ毛をはさんで引っ張らなければならないから、面倒くさいのだ。
マスカラというのは、基本的には、マニキュアみたいなものだから、洗い流すメーク落としで顔を洗っただけでは、ちゃんとは落ちない。
しかし、泣くとにじんでパンダ目になってしまったりする。落とそうと思うと大変なのに、落としたくないときには、落ちる、と。
あんな面倒くさいことを、よく、毎日やっていたものだ。
が、まつ毛を太く長く見せるという行為は、やるとやめられなくなるものなのである。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR