忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

度肝を抜かれた「別世界カップル」

カップル

度肝を抜かれた「別世界カップル」

今日、街中で、なんかちょっとすごいものを見た。

それは、カップルだった。
男性のほうは、がっちりして、背が高く、もみあげが白くなっていたから、40代中盤くらい。
女性のほうは、たぶん、25歳~30歳。背が高いのかな、と思ったら、10センチくらいあるヒールを履いていた。
男性の身長に合わせたかったのだろうな…。
男性のために、せいいっぱいのおしゃれをして、自分が最も魅力的に見えるようにと、努力をしたあとが、歩くたびに揺れるピアスにも、あらわれていた。
2人は、手をつないで、ゆーっくり、ゆーっくり、商店街の歩道の真ん中を、歩いていたのである。
周囲の人たちが、せわしく行き交う様子とは、まったく無関係に、そういうものは、まるで、見えていないかのように。
もう、完全に、2人の世界、だった。
これからホテルに行くのか、出てきたところなのかは、わからない。
どっちだろうが、私には関係はないが、そのどっちかであろう。

もしも不倫だったら、大胆すぎる

もしもあれが、不倫カップルであったとしたら、あまりにも堂々としているので、驚くな。
不倫でも、ああなるかなあ。
まあ…男の方が単身赴任で、周囲の目を気にせずに済む、という場合だったら、あるかもなあ。
わからない。もしかすると、年の離れた独身どうしのカップル、かもしれない。
が、妻帯者であれば、間違いなく、妻はどこか遠いところにいて、絶対に周囲には、いないということを確信しているとか、妻に注進をしそうな知り合いに会う可能性も、ない、という場合だろう。

恋愛は、勘違いである

他人の色恋などは、もはや、どうでもいいわけなのだが、あのラブラブカップルには、かなり、度肝を抜かれた。
恋愛というのは、基本的に、「勘違い」である。
勘違いだからこそ、永遠には、続かなくて、正気にかえったときが、不幸の始まり、なのである。
そして、ほとんどの人は、正気にかえったときから、「演技」をするようになるか、「この人じゃなかったんだ」と思って、「次の勘違い」を探して、旅に出る、と。
あの2人は…現在、勘違いの真っ最中だから、幸せいっぱいなのだが、どっちが先に、勘違いだったということに、気が付くのかは、知らない。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR