忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

痩せているときに肝心な衣類を買ってはいけない件

ズボン

最強の防寒具があるのに使えないという煩悶

今日はかなり涼しく、日も短くなった。

○協の宅配のせいで、たっぷりと肉がついてしまった下腹部は、もはや、虎の子の羽毛ズボンが履けるような状態では、絶対になく、そして、寒くなるまでに、肉を落として、元通りの状態に変身するという予定も、大幅に狂った。
もっとサイズの大きな羽毛ズボンを買おうと思ったら、そういうのは、もう売っていない。
あれはやはり、かなりのお値打ちものだったようで、買ったのはいつだったか、たぶん5年くらい前かもしれないが、ファッションの入れ替えというのは、ものすごく早いから、ずっと同じ商品があったりはしない。
昨年の冬に見たときにも、すでになかった。
最近の○ルメゾンの品ぞろえは、以前と比べると、どんどんしょぼくなっているような気がするが、そう思っているのは、私だけなのだろうか。

痩せているときに肝心な衣類を買ってはいけない

太ったせいで、冷えに耐えなければならないというのは、かなり業腹なもので、自分のせいだからこそ、余計に腹が立つ。
しかし、あのズボンは、一番痩せているときに買ったもので、そして、もう太って着られなくなるということがあるとは、予想をしていなかったころ、であった。
そのころは、体重計に乗るのが怖いくらいに、どんどん痩せるということが続いてから、何年か経ったころで、以前に買ったボトム類が、全部ユルユルになっていたから、細いのを買って、それでちょうどよかったのである。
今となれば、信じられない。
が、やはり、痩せているときに肝心な衣類を買ってはいけないのだなというのが、今回の教訓である。
特に、中年以降は。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR