忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

自分とは一生無縁なボディスーツと、コルセット

女性用下着

その若さで補正用下着を着ていた彼女

20歳ころだったと記憶しているが、ある友人が泊まりに来たときに、彼女がボディスーツを着ていることに気が付いて、かなり驚いたことがあった。
確かに、彼女のスタイルは、どちらかと言えば崩れていたが、ボディスーツで補正するほどとは、思っていなかったし、実際問題、「補正後」の状態を「スタイルがいい」と、思ったことも、なかったのである。
…というか、補正しても、あの状態だったのか。
ともかく、その若さで、すでに補正下着を着ていたというのが、なぜだったのかが、よくわからない。
ボディスーツというのは、キツくなければ効果がないから、キツいことはもちろん、お股のところに、フックなどがついていて、トイレのたびに、それを外さねばならないから、面倒くさくて、やっていられないと、思うのだが。
まあ、そういう涙ぐましい努力の末に、獲得したダンナさんは、なんかわりと、貧相な感じで、小柄で痩せた男性だった。
あの男性を獲得するために、それだけの苦労をするというのは、なんか、ワリに合っていない、という感じは、したけれども、まあ、それは、本人が満足していれば、それでいいという話だから。

締め付け系が苦手な私

私は、着る物については、なんでも、キツいものや、ぴったりしたものが、苦手で、ちょっとゆるいくらいのほうが、好きなのだが、着る物というのは、ぴったりめくらいのほうが、イケているように見えるのである。
それは知っているけれども、どうしても、ぴったりしているものが、苦手なのである。
ボディスーツなんてものは、着ようと思ったこともないし、買ったことも、一度もない。
ブラジャーなんかも、以前は、寄せて上げようという気持ちが、いちおうはあったから、わりと高価なものを買っていたが、このごろはもう、寄せて上げたからといって、それでどうなるというんだというのが、あるから、どうでもよくなって、もうしばらくしたら、フックなしのスポーツブラに切り替えようと思っている。

よくあれで生きられたコルセット

そういえば、西洋の女性は、以前は「コルセット」なる、ものすごいウェスト締め付け下着を使っていたというが、「締め付け」が嫌いな私は、あんな状態で、よく生きられたものであると、思う。
ウェストの細さに、そんなにこだわって、どうするんだ、みたいな。
そもそも不健康であり、男からすれば、自分の子供を生ませるには、適しているとは、言えないはずなのだが…。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR