忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

暖冬でアイスコーヒーが売れるのはいいけれど…

アイスコーヒー

暖冬でアイスコーヒーが売れるのはいいけれど…

今年は本当に暖かくて、湿気も多く、もしかして、このまま春に突入してしまうのだろうか。
梅はもう咲いているらしいけれど。
寒いなら寒いほうが好きな私には、なんとなく拍子抜けな冬である。

「甘いやつ3本」

さっきドトールにいたら、どこかのおじさんが、小銭財布と買い物袋を持って飛び込んできて、「アイスコーヒーの甘いやつ3本」と言って、1リットルを3本、大人買いしていった。
何かの集まりで、みんなのぶんを買いに来たのだろう。
が。
「甘いヤツ」だと、みんながそれでもいいのかな、なんて、ちょっと心配になってしまった。
私は、コーヒー紅茶には、絶対に砂糖を入れないので、最初から砂糖入りのものだと、飲まない。
あのおじさんは、自分が砂糖を入れる派なのだろうが、全員がそうとは、限らないのではとか、無糖のを買って、ガムシロと一緒に持って行った方が、親切なのではなんて、余計なことを考えてしまった。
というか、3本買うなら、1本は無糖にするとか。

味覚は個人差が激しい

そういえば昔は、コーヒーを飲む際には、クリープ的なものを入れていたものだが、いつのまにかやめていて、ストレートで飲むようになっていた。
いつからなのかは、覚えていない。 アイスコーヒーは、夏でもほとんど飲まないけれど、クリープ的なものを入れる場合もある。
アイスコーヒーというのは、おいしいとはあまり思えないのだが、あれを好きな人もいるし、さらに砂糖を入れて飲むのが好きだとか、味覚的には謎だなあと、思ったりする。
そういえば、高校のころ、コーヒー牛乳を飲んでいる人は、よくいたが、あれがおいしいと思ったことはない。
なにしろ、味覚というのは、個人差が激しいな、と思うのだった。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR