忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

ナイナイ矢部が二週続けてラジオ出演で、露呈した真実

ラジオ

ナイナイ矢部が二週続けてラジオ出演

先週の放送で、相方の岡村の失言を叱りに来た矢部が、二週連続でラジオに出演したという。
なるほど、非常に大人の対応というか、矢部的には、とにかく丸く収めて、岡村の自省を促し、ラジオ(とコンビ)を続けるためにしなければならないことをした、と。

「楽しくないからやめる」という超自然体

そして、2014年に、岡村が休業から戻ってきたというタイミングで、ラジオを卒業した理由を、「楽しくなくなった」と言った、という。
仕事というのは、楽しいからするというものではなく、それは芸人でも同じで、当たり前の話なのだが、自然体の矢部は、すらっとこういうことを言ってしまうのか。
楽しくないからやめるとか、子供じゃないんだから、みたいな笑。
というか、ラジオ番組を持ちたい人は、ほかにもいっぱいいるだろうに、楽しくないからやめたとか、それは、矢部のほうが失言なんじゃないか、という気もしなくもない。

2人とも天狗になっていた

このコンビというのは、売れたために、どっちも天狗になっていた…ということは、言えるのかもしれない。
岡村が天狗になったなら、矢部だけがまったく天狗になっていなかったということのほうが、不自然なのである。
楽しくないからやめた…まあ…岡村が岡村なら、矢部も矢部だな、と。
その時点で、コンビを解消すべきだったんじゃないかな、という気がする。
が、自然体の矢部は、ことを荒立てるよりも、自分がラジオから去るということのほうを選び…それとなく、不満であるということを、岡村に伝えたつもりだったのかもしれないが、ほとんど伝わっていなかった、と。
その後6年間、コンビの仲は、まったく修復されることはなく、今では楽屋すら別々なのだというから、驚く。

もう解散すべき

コンビ芸人なのに、楽屋が別々とか、ちょっと信じられない感じは、する。
それだって、天狗になっているから…じゃないのかな。「相方だけど、楽屋を別にしろ」と要求する、とか。
駆け出しのころに、そんな要求ができたかどうかといったら、できたはずは、ないんだから。
なんだかんだ言っても、矢部も、天狗になっているんだと思うな笑。
そういう意味では、お似合いの2人…であるが、正直言って、コンビはもう、解消したほうがいいと思う。
同じ楽屋で過ごせないような相手が、相方だなんて、どう考えてもおかしいし、そんな関係の2人に、仲のいいふりをして芸を披露されても…微妙すぎる感じだから。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR