忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

1977年の「ドリフ大爆笑」を見る

舞台

小林旭の歌の上手さに驚く

1977年の「ドリフ大爆笑」を見た。
ゲストは、キャンディーズ、テレサ・テン、アグネス・ラム、小林旭など。
小林旭が歌が上手いということに、今さら気が付いて、なにやら感動する。
「誰かに似ている」と思って、旭のどアップ顔を見つめ続け、それがチョウ・ユンファであることに気が付く。
当時小林旭は、39歳のアラフォー。
チョウ・ユンファ↓ごっつ似とるわー。
小林旭・チョウ・ユンファ系統の男の顔というのは、ひとつ、北東アジア系の美男顔のパターンなのかもな、と。
右から2人目が旭↓
小林旭、歌上手いわー。高音もイケるし。
なんか、「俳優の余暇芸」というのとは、違うんだよね。

アグネス・ラムは標準乳

ついでに言えば、アグネス・ラムというのは、今見ると、巨乳というわけでは、別になかったなと。
さらに…民放のゴールデンアワーで、よくあんな、乳首がばっちりわかる格好で、フラダンスなどを踊らせたものだと…世のお母さんがたは、眉をひそめていたのでは。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR