忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

鈴木杏樹がラジオ番組で号泣謝罪

泣いている女性

ラジオ番組で号泣謝罪という結論

鈴木杏樹が、降板したかと見られていたラジオの持ち番組に復帰、号泣謝罪を繰り広げたという…。
鈴木杏樹、5週ぶりラジオ生出演で肉声 涙声で謝罪「すべてのみなさまに心からお詫びいたします」(2020年3月4日)
鈴木は番組冒頭で「みなさんこんばんは。鈴木杏樹です。この度はお騒がせしまして、本当に本当に、本当に申し訳ございませんでした。嫌な思いや不愉快な思い、残念な思い、傷つけてしまったり、裏切られた思いをさせてしまった方々に心からお詫びいたします。本当に申し訳ございませんでした。ごめんなさい」と涙声で謝罪。

 続けて「たくさんのお仕事関係のみなさまに多大なご迷惑をおかけしてしまいした。本当に申し訳なくて、本当に心の底から反省しております。申し訳ございませんでした。そして、ご心配をおかけしてしまった方々にも、心から申し訳ございませんでした」と声を震わせながらコメント。「すべてのみなさまに心からお詫申し上げます。本当に本当に本当に申し訳ございませんでした。ごめんなさい。このように多くのみなさまにご迷惑おかけしてしまうようなことは二度とないように、今後の人生は心して歩んでまいりたいと思います。本当にみなさま、申し訳ありませんでした」と思いを伝えた。

 出演中の舞台に多くの花束や激励が寄せられていたことに触れ「先日の舞台の広島公演と九州公演に、お心のこもった電報ですとかお花ですとか、メッセージをお送りくださった方々、どんなにありがたかったか。生きていく自信を失っていたので、本当にありがたくて、ありがたくて。その時にいただいたものとか、お花とか、全員東京につれて帰ってきました。お花は今もお家で咲いてくれています。 大切にします。温かなお気持ちいただきまして、本当にどうもありがとうございました。心からの感謝とお礼を申し上げます。」と鼻をすすりながら感謝。「MUSIC10、心を込めてお送りいたします。どうか、どうか、どうかよろしくお願いします」と伝えた。

海外脱出の噂もあったが…

いろんな「出所不明な噂」が、飛び交っており、日本に嫌気が差した杏樹は、海外脱出をするのではないかという憶測も、あったけれども、この様子だと、「日本に残って仕事をもらいたい」という、そういうこととしか、思えない。
そうでなければ、号泣謝罪などは、する必要がないし、さっさと海外脱出をしてしまえば、いいわけで。英語はペラペラだから。

アメリカンスクール→芸能界入り→世間知らず

アメスク出身の杏樹は、ちょっと「常識」が違うところもあったのかもしれず、離婚を前提として配偶者と別居をしているという場合には、アメリカなどでは、事実上は独身と見なされて、ほかの異性との性行為は、背信とは考えられていないらしい。
アメリカンスクールが、日本の学校とどれだけ違うのかって、それは、ものすごく違うらしいから。あの中は、「アメリカの領土」みたいな状態でしょう。
杏樹は、喜多村緑郎の言うことを信じてしまい、それだったら、別にいいじゃないかと、思ったのだろう…しかし、日本の常識では、別居をしているから不倫ではないというふうには、なっていないのである。

「常識」が違ったのかも

それにしても…号泣謝罪をするくらいなら、妻のいる相手と付き合うなと、言いたくなるわけで、50を過ぎて、そんなことをやっているなんて…世間知らずすぎる。
やるなら、絶対にバレないように、コソコソ付き合うべきだったのであり…そこらへんが、喜多村緑郎という人の決定的におかしなところで、コソコソしていなかったからこそ、杏樹も「妻とは疎遠になっているんだな」と、信じてしまったのかもしれない。
聞けば、ずいぶん女癖の悪い人だったようだし、相手の素行も調べずに、既婚者と「堂々と付き合ってしまった」という杏樹は、はっきり言って、世間知らずすぎた…そして、相手が歌舞伎だということで、ちょっと勝手が違うからと、周囲にも、注意をしてくれる人がいなかった…または、杏樹のほうに、聞く耳がなかったのかもしれない。
たぶん、本気で再婚しようと思っていたんだろうなあ…歌舞伎役者の奥さんなら、そんなに悪くないと、思ったのかな。 紀香の例などもあるから、私も…みたいな。

「世間知らず」のツケ

まーアレだよね、アメリカンスクール育ちで、そのまま芸能界入りしてしまったような女性は、50歳になっても、常識がなかった、世間知らずだった、今回の件は、なんか、そういうまとめ方になるような気がする。
相手の奥さんの貴城けいさんは、杏樹への慰謝料請求を本気で考えているらしいから、「世間知らずのツケ」というのは、非常に高くついた、ということだ。
これに懲りて、男には気をつけるそして、自分が世間知らずなんだから、周囲の人の意見を聞くようにしたほうが、いいだろう、杏樹みたいな女性の場合には。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR