忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

わかりやすい「介護婚」~ビートたけし73歳が再婚~

老夫婦

わかりやすい「介護婚」

これまた、わかりやすい「介護婚」という感じで。
73歳たけしが、55歳女性と再婚。
軍団と対立し、退社したのは、この女性のせいだとか、いろいろと噂になっていた、やり手の女性である。

裏切った妻に看取ってもらうのは不安だった

シンプルに考えて、さんざん裏切った前妻に看取ってもらうことは、気分がよくなかった、不安だった、のであろう。
自分が動けなくなったら、何をされるかわからない、と思うのだろうなあ。
浮気男というのは。
そして、つらい思いをさせたことのない相手を、「自分の最期を看取ってくれる相手」として、選び、確保しておきたい、と思うのは、生物としての本能なのであろう。
ゆえに、どんなに大変でも、離婚を成立させ、新しい若い女性と再婚をしておく。
55歳というのは、若くはないけれど、相手が73歳なら、「おねえちゃん」で通用するらしい。

寝た切りになったあとの展開は、誰にもわからない

この女性は、決して「妻と別れて私を籍に入れてくれ」などとは要求しなかったからこそ、たけしは、あえてそうする気になったのだろう。
この女なら、オレの下の世話も任せられる、と。
寝た切りになっても、ひどいことはしないだろう、と。
女性のほうは、大物を捕まえて、そのことによって、地位を確保し、たぶんだけれど、のし上がりたい。
たけしが死んだあとのことも、視野に入れているはずである。
ゆえに、今のところは、互いの思惑が一致した、幸せな結婚、というふうに見える。
が、寝た切りになっても、本当に、今と同じように大切にしてくれるかどうかは、誰にもわからないのである…。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR