忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

エリカ様に執行猶予付きの有罪判決

薬物

エリカ様に執行猶予付きの有罪判決

あのエリカ様に、執行猶予付きの有罪判決(一審)が、出たという。
あっわりと早かったな、裁判が、みたいな。

初犯の人こそ、更生の余地があるのだから、収容してあげたほうが親切なのでは

執行猶予がついていれば、依存症の人には、あまり意味はないのではないだろうか。
やめられないから、依存症なのであって、反省していてもやめられないというのが、薬物なわけで。
田代まさしや、清水健太郎が、逮捕されるその都度、反省していなかったというわけはなく、社会的制裁も、受けていたのに、それでもやめられなかったというシロモノが、薬物の依存症というものだろう。
そういう意味では、本当は、初犯の場合こそ、一定期間刑務所に収容することで、薬断ちをせざるを得ない状況にしてあげるというほうが、「親切」なのではないかと、私は、思うのだけれど。

冗談なのか

そして、これを見て、のけぞった。
…この「文字」は、何かの冗談なのか。
それとも、マジなのか。
33歳の女性…ですよね。
ウチの姪っ子が、7~8歳のときに書いた手書きの文章に、よく似ている…。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR