忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

定番の夢「バイク」

バイク

定番の夢「バイク」

相変わらず、湿気が多くて、エアコンが必要である。
10月が衣替えというのは、学生にとっては、迷惑な話であろう。
そういえば、私にも、濃紺で、暑苦しい制服を着ていたころも、あったなあ。
クリーニング用の替えなどは、持っていなかったから、今思えば、制服というのは、かなり不潔だった。
夏休み、冬休み、春休みになると、ささっとクリーニングに出していたものだが、学校が始まれば、すぐに臭くなる。
さらに、箱ヒダのスカートを、寝押ししたりしていたものである。
あまりアイロンばかりかけると、テカテカになるからである。
が、3年も着ていれば、すでに、テカテカではあった。
そういえば、西洋には、「寝押し」という習慣は、ないのだろうか。
どんな映画やドラマを見ても、そういうシーンが出てきたことは、ない。

寝ているほうが忙しい

ここ数年は、ずっと、複雑な夢を見るので、寝ていても忙しいし、起きるとぐったり疲れている。
この前また、定番の夢を見たが、バイクで移動をすることにするのだが、メットと手袋と免許がないということに気がついて、焦っているのである。
バイクに乗っていたのは、大昔の話なので、もう免許はない。
だから、見つかったら困ると思いつつ、さらに、メットと手袋というのは、必要なのに、それもない。
いつも、メットがないことに、焦っているのである。
どこかでメットを買わなければなどと考えつつ、バイクに乗っているのだが、店が見つからないとか、別のことで忙しくなってしまったりして、なかなか、メットの入手ができない。
定番の夢の中では、まだ、一度も、メットを被ったことはない。
ただし、おまわりさんに止められた、ということも、ない。

起きているときには、まったく思っていない

この夢の意味は、よくわからない。
なぜ、何度も何度も見るのだろう。
またバイクに乗りたいと思ったりは、まったくしていないのに。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR