忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

秋バテと停電と鳩山邦夫の記憶

セキセイインコ

秋バテと鳩山邦夫の記憶

猛暑と台風が去ると、途端にやってきたのが秋バテ。
気が緩むと、疲れがどっと出る。
いまだに停電している地方も、あるというので、気の毒だなあ。
電気が使えなくて、本当に困るのは、やることがなくて、ヒマ潰しができず…本を読むくらいしか、することがないのだが、暗くなれば、それもできないから、とにかく寝るしかない、と。
停電は、宵っ張りの人にはつらく、ふだんから健全な晴耕雨読生活をしている人には、そうでもないかもしれない。

あの姿だけを記憶に残し

なんとなく思い出したのが、亡くなった鳩山邦夫のことである。
停電とも台風とも秋バテとも、まったく無関係だが。
裁判インコというキャッチフレーズは、誰が考えたのか知らないが、サエすぎていた。
さらに、鳩山邦夫が、着ぐるみを着てインコになったことで、裁判員制度というものについて、まじめに考えるということが、できなくなった。
裁判インコ 「裁判とインコの間に、いったいどんな関係があるのか?」「鳩山邦夫は、正気なのか?」「アホらしすぎんねん」と思ったら、もう、思考回路がマヒしてしまって、「なんで要るの?」とかも、考えられなくなった。
あれはまあ、アメリカさんから、押し付けられたのである。
極東の土人も、自分たちのおかげで、少しは人間に近づいたということにして、欧州の人たちに自慢をしたいと思っている、アメリカさんに。

すごい情報スピンである。
今となっては、鳩山邦夫と言えば、あの姿しか、思い出せない。

拍手[1回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR