忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

植松聖被告の弁護側が控訴

裁判

植松聖被告の弁護側が控訴

死刑判決を受けた植松聖被告の弁護側が、控訴をしたという。
死刑判決後「控訴しない」と語った植松聖被告、弁護側が控訴(2020年3月27日)
相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われ、横浜地裁の裁判員裁判で16日に死刑判決を受けた元施設職員植松聖被告(30)の弁護側は27日、判決を不服として東京高裁に控訴した。

 植松被告は判決後、拘置施設で読売新聞の接見取材に応じ、「死刑に値する罪とは思わないが、控訴はしない。弁護人が控訴しても、自分が取り下げる」と話していた。刑事訴訟法は、被告本人が取り下げた場合、弁護側が再び控訴することを認めていない。

カッコいいことは、言うだけ

やっぱりな、というか。
そもそも、植松というのは、公判前には、「心神喪失を争点にしない」と語っていたのに、実際には、それだけが弁護側の争点だった笑。
どうなっているんだか、普通に考えれば、植松が、面会での取材では、カッコいいことばっかり言って、弁護士との間では、自分の命をいかに救うかという相談をしていたとしか、考えられないが笑。
「被告本人が取り下げた場合、弁護側が再び控訴することを認めていない」いや、取り下げないでしょ。
そういうことをするくらいなら、そもそも、一審の公判で、心神喪失で争うことを、弁護士に許可したりは、しているはずはない笑。
植松、自分の命だけは、どうあっても守りたいというのが、本音だったんだなあ。
口だけ男というのが、正しい評価だろう。

どこまで何がわかっているのかは不明だが

とにかく植松には死んでもらわないといけないと考えた検察側は、措置入院をされた人間を、どうやって責任能力アリにするかということだけを考えて、苦心してきたわけで、そして、普通に考えても、そういう人が責任能力アリになるというのは、おかしなことなのだけれど、植松というのは、言うこととやることが違う男だ、ということだけは、確かなようである。
なんらかの病気を持っているからこそ、措置入院をさせられたはずだけれど、何がどの程度わかっている人なのか、はたからは、わからない。

社会には戻せない

植松のような人間は、社会に戻してもらっては絶対に困るわけで、一生、どこかに閉じ込めておいてもらわなければいけないのだが、日本では、こういう場合に「仮釈放なしの終身刑」というものがないから、困るわけである。
責任能力があったかどうかが、かなり微妙で、死刑にするのは、裁判官や裁判員は、気が咎めるが、社会に戻すわけには行かないから死刑、そういうのも、どうなのかという疑問は、どうしても残る。
そもそも、直前に措置入院をされていたような人間が、責任能力があったから死刑にするというのは、誰がどう考えても、変なわけで。
3月2日に退院してから、7月26日に事件を起こすまで、5ヶ月もないのである。
終身刑があれば、裁判官や、裁判員は、それほど悩む必要も、ないのではないか、と思うのだが…なぜ、終身刑がないんだろうね。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR