忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

小泉進次郎最大の弱点は、これだった

頭を抱える男

小泉進次郎最大の弱点が表面化

小泉進次郎議員の不倫と政治資金使い込み疑惑が、話題になっているらしい。
小泉進次郎氏、週刊文春の不倫報道について語る - 社会 : 日刊スポーツ
小泉進次郎環境相は27日の閣議後会見で、週刊文春に報じられた、独身時代の不倫報道について問われ、「個人の事柄と政治資金の事柄があると思うが、個人の事柄については、私からお話しすることはありません」と、答えた。

文春の報道では、不倫相手とされる女性と密会する際に使ったホテルの代金が、政治資金から処理されたのではないかとの指摘も出ているが「政治資金の使用はないと理解しています。事務所にも確認し、法令に従って適正に処理していると認識している」と、用意した紙を見ながら答えた上で、「継続して確認していきたい」と、加えた。

会見のいちばん最後にも再び、文春の報道について問われた。記者から「政治資金について、法的な問題がなかったとしても、ベストの取り扱いではなかったとは考えていないのか」「もちろん政治家にもプライベートは認められるべきだが、小泉大臣は、家族のあり方や働きながらの子育てを含めて、社会変革や生き方を発信し、社会にも大きな影響を与えている。ならば、自身の家族や先方のご家族にどういう責任を果たすのか、どんな行動を取ったのかを話す責任もあるのではないか」と、指摘を受けた。

しかしながら、進次郎氏は前回の質問時と同じ答えを繰り返すにとどまり、年内最後の会見を終えた。

進次郎氏は今年8月、タレントの滝川クリステル(42)と電撃的に結婚。発表時、すでに滝川は妊娠中で、夫妻の間には来年1月、第1子が誕生する予定。

9月の内閣改造で、大臣に初めて就任した進次郎氏は、環境相としての3カ月を振り返り「本当に濃密でやりがいがあった。3カ月には思えないほど、やりがいのある期間を過ごさせてもらった。環境政策は腹の底から重要だと、違和感なく自分の中に入ってきた」と述べ、「記者の皆さんにも、さまざま鍛えていただいた。来年、この3カ月をさらに伸ばしていけるようにしたい」とも語った。

女癖の悪さは、金の問題と直結している?

進次郎が、父とは決定的に違うところは、女癖の悪さ、だったということが、わかった。
父の方は、「あまりにも自分が好きすぎて」、女に入れ込む必要が、ないという感じだったのだが、進次郎の場合には、そもそも、40歳近くなってデキ婚という時点で、女癖の悪さは、判明していたのだが、人妻にまで手を出していたかもしれない、という。
ふーん。

進次郎最大の弱点は、金だった

まあ、これは、「金」の問題が大きいのかもしれない。
進次郎の弱点というのは、「金」だったんだなあ。
そう、妻のクリステルよりも、はるかに資産が少ないということも、判明している。
父親が、金を握っていて、進次郎には自由に使わせないということが、進次郎の最大の問題だったのではないのだろうか。
だから、純一郎に早く死んでほしいと思っているのは、誰よりも進次郎なのであろう。
が、純一郎77歳は、ストレスを感じない、幸せな性格であるゆえ、なかなか、死にそうにない。
そうなると、進次郎は、自力で金を捻出しなければならず、それは、議員歳費だけでは、到底賄えない、ということで。
それが、リッチな女性との不倫とか、資産にあふれる妻とのデキ婚という形で、表面化しているというふうに、見えるのである。
進次郎本人が、妻に選んだ女性は、何億もの資産を持っている女性であり、これからも、相当に稼ぎそうな女性であるというところに、注目すべきであろう。
進次郎は、貧乏な女などには、目もくれて来なかったに違いない。

父との確執は、けっこう深刻かも

進次郎と父の確執というのは、けっこう深刻なものなのかもしれない。
ノドから手が出るほど欲しい「金」を、「自分で捻出しろ」と言い渡した父(たぶん、そうなのだろう、結果から見れば)。
ほかの世襲政治家は、当然のように、実家の金を自由に使っているのに、と。
そこが、進次郎最大の問題なのだろう。
これを克服するための「答え」は、「ものすごく稼ぐ女とのデキ婚」だった。
が、ほかにもいろいろやってきたということが、バレ、とりもなおさず、進次郎が、相当に「金に困っていた」ということが、表面化してきたわけである。

うらやましすぎる鳩山の母

鳩山兄弟の母は、千万単位の「小遣い」を、息子たちに与えていたというが、そういう話を聞いて、冷静ではいられないのは、誰よりも、進次郎なのだろう。
ウチの父は、シワすぎる、と。
自分を跡継ぎにしたならば、金の面でのバックアップをしてくれるのは、当然ではないか、と。

純一郎が死ねば、遺産争いの勃発は必至

まあ、今後、この親子の確執が、どういうふうに転がっていくのかは、ちょっと、興味はある。
金で苦労した進次郎は、いったい、どんなおっさんになっていくのだろう。
また、今回の件で、父親の純一郎が、少しは金を使わせてくれるようになるのかどうかも、まだ、わからないし。
そして、純一郎が首尾よく死んでくれたとしても、進次郎は、まだ安心はできないのである。
それは、3人で等分に分けなければならないからだ。
ほかの2人が、花田兄弟の兄のように、遺産相続を放棄してくれるということは、ほぼ、期待できないだろう。
が、進次郎は、最も苦しい家業を継いだ自分が、多めに相続をすることは、当然だと思っているだろうし、そもそも、家業を存続させるには、「金が要る」というわけである。
ゆえに、純一郎が死ねば、そのあとは、相続争いが勃発することは、必至である。
浮き沈みの激しい芸能人である長男は、おいそれと遺産を諦めるなんてことは、できないであろう。
そして、なによりも、三男は、冷遇されてきたということがあるし、お母さんもついているから、簡単に引き下がるということは、考えにくい。
進次郎の行く手は、山また山、である。
まあ、進次郎最大の不幸というのは、実は「父との間を取り持ってくれるはずの母がいない」という、ところにあるのかも。
本来ならば、安倍晋三の母のように、仕切ってくれるお母さんがいれば、金を握って離さない父から、お母さん経由で金を引き出すということだって、可能だったであろうから。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR