忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

エネルギーが余っている熟女たちは、侮れない

ピンクの花

エネルギーが余っている世代の女性たち

今日は、冷房が要らなかった。
なんだか、やっと秋が来たような気がする。
もうセミも鳴いていない。

女性も元気

前にも書いたけれども、今の60代以上の人たちは、上の世代と比べれば、元気だと。
それは、たぶん、男も女も、両方なのだ。
女性の場合には、子供の数が減ったので、そのぶんのエネルギーが余る。
私の祖母たちは、4人とか5人とか産んでいた。
60を過ぎたら、すっかりばあさんであって、「これから、もう一花咲かせるぞ」みたいな感じでは、まったくなかった。

元気すぎるあの方

そう、藤田憲子さんなんかが、ちょうど、そういう感じだろう。
しかし、あの方は、もう72歳だったのか。
さすが、54歳で不倫の噂(?)が報道されたほどの人であって、異様に若い。

藤田紀子 - Wikipedia

藤田 紀子(ふじた のりこ、1947年9月7日 - )は、大分県大分市出身の女優、タレント。本名・旧芸名、藤田 憲子(ふじた のりこ)。

10代に始めたクラシックバレエのレッスンを近年、再開。その他、ヨガやバランスボールなどで汗を流し、常にアンチエイジングと身体のメンテナンスに余念がない。
…元気だなあ。
まあ、この方の場合には、もともと、並みの女性ではないということは、言えるけれど。
以前に、先代貴乃花(故人)が、引退して部屋を開いた直後のドキュメンタリーみたいなのを、見たことがあるが、巡業先にやってきたおかみさんは、なんと、毛皮を着ていた。
もちろん、本物であろうなあ…。
が、そのおかみさんは、到着したら、いきなり、トイレの掃除を始めたのである。
…もう、すごいとしか、言いようがない。
あのおかみさんが、ものすごいきれい好きだということは、誰か、部屋の手伝いに来ていたという女性が、週刊誌で語っていたが、それは、本当だろうと思う。
毛皮を着るような格好をしていたわけだから、きれいに化粧をして、髪型も整えて、イヤリングとかもつけているのに、平然と、トイレの掃除をするのである。
並みの人ではないなあ。

侮ると、やっかいなことに

ともかく、今の60代以上の女性たちは、専業主婦が主流だったころに、子育てをした世代だろう。
専業主婦で、子供が2人くらいだと、年をとっても、エネルギーが余るくらいであるということが、証明されたみたいな、そんな感じでもある。
そして、だから、「もう、だいぶよぼよぼしているだろう」などと、侮ると、ロクなことにならないので、その世代の女性の扱いには、気をつけたほうがいいのである。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR