忍者ブログ

The Miscellany

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

加齢と腸内環境

トイレ

加齢と腸内環境

お食事前の方は、スルーしてください。

なにしろ、加齢というのは、いろんなところに、影響が出るものであって、最近は、○○の匂いが、気になり始めた。
臭すぎるのではないだろうか、みたいな。

自分のああいうものの匂いというのは、おならと同じで、普通は気にならないはずなのだが、妙に「おかしな匂い」が混じっていると、思い始めたのである。
特に、食事は変えていなくても。

普通にヨーグルトに行ってみた

そこで、ヨーグルト療法にしてみることにした。
ただ、砂糖の入っていない普通のヨーグルトを、毎日100cc以上食べることにしたのである。
砂糖が入っていなければ、カロリー的にも、問題はない。
これは、続けなければ、効果は感じられないが、続けているうちに、お通じもよくなって、「匂い」のほうも、変わってきた。

善玉菌との共生関係

「小腸は第二の脳」とかいうけれど、その意味は、はっきりとは、知らない。
ただ、腸というのは、思った以上に、重要なものらしく…そして、善玉菌とかいうものを、一定程度に飼っておかないと、何かと都合が悪いものらしい。
こういうのは、寄生生物…と言えなくもないのかもしれないけれども、互いに頼り合いながら生きている、みたいな。
善玉菌との共生関係。
なにしろ、加齢とともに、意識的にその寄生生物を、補給したり、エサをやったりしなければ、なかなか、ちょうどいい状態で、生息してくれたりは、しないようである。
どれくらい続けたら、変化を感じたのかって…わからない。
取りあえずは、1ヶ月は、続けてみたらいいのではないか、と思う。

拍手[0回]

TOP
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©The Miscellany
PR